お知らせ Information

2018.10.03 名古屋大学環境医学研究所分子代謝医学分野との共同研究開始のお知らせ

当社は、名古屋大学環境医学研究所分子代謝医学分野(菅波 孝祥 教授、以下「分子代謝医学分野」)と平成28年9月に非アルコール性脂肪肝炎(NASH)治療薬に関する契約を締結し、NASH治療薬の探索に向けた共同研究を推進して参りました。その結果、有望な創薬シーズ候補を見出すことに成功し、この度、この成果について研究を加速、深化させるために新たな共同研究契約を締結いたしました。


NASHは、一定の割合で肝硬変や肝細胞癌に進行することが知られているものの、未だ標準的治療法は確立されておらず、新たな治療薬の開発が望まれている疾患です。


分子代謝医学分野では、基礎研究から臨床研究までを視野に入れて、NASHの病態解明および新しい治療法の開発を精力的に行っています。最近では、誘導性NASHモデルを用いて、肝臓線維化を促進する疾患特異的マクロファージを同定し、この疾患特異的マクロファージが特徴的な微小環境(hCLS: hepatic crown-like structure)を形成することにより、NASHの発症に至ることを明らかにしています。


当社は名古屋大学内に「ラクオリア創薬産学協同研究センター」を設置し、名古屋大学における研究成果を基にした産学連携活動を推進しています。菅波孝祥教授ならびに分子代謝医学分野の最先端の研究成果と、当社及び同センターがこれまで培ってきた創薬研究のノウハウを融合し、画期的な新薬の創出を目指して参ります。


以 上


<ご参考>

名古屋大学環境医学研究所分子代謝医学分野ホームページは下記リンクよりご覧ください。

http://www.riem.nagoya-u.ac.jp/meneki_kei.html