お知らせ Information

2017.04.26 アラタナ社によるEntyce®の進捗報告及び販売開始予定時期のお知らせ

アラタナ社によるEntyce®の進捗報告及び販売開始予定時期のお知らせ

平成29年4月25日(米国時間)、当社の導出先であるAratana Therapeutics Inc.(本社:米国カンザス州、以下「アラタナ社」)は、当社がアラタナ社へ導出したグレリン受容体作動薬(Entyce®/capromorelin/RQ-00000005/AT-002、以下「Entyce®」)につきまして、米国食品医薬品局(FDA:Food and Drug Administration)の動物用医薬品センター(CVM:Center for Veterinary Medicine)との間で、製造移転に関する協議を行ったことを発表しました。

アラタナ社はEntyce®の製造に関するCVMとの合意に基づき、今後数週間で必要な申請書類を再提出する予定です。申請書類が受理された場合、アラタナ社は2017年の秋までにEntyce®の販売を開始する見込みです。

アラタナ社の社長兼最高経営責任者(CEO)であるSteven St. Peter氏は、「我々は、この革新的な治療薬を、ペットの医療ニーズを満たす新しいツールとして獣医師の皆様に提供できることを喜ばしく思います。ペットの急性及び慢性の食欲不振症は、年間数百万匹の犬のアンメット・メディカル・ニーズ(いまだに治療法が見つかっていない疾患に対する医療ニーズ)であり、Entyce®はCVMの承認を受けた世界初の、唯一の治療薬です。」とのコメントを発表しております。

当社は平成22年12月に、アラタナ社とグレリン受容体作動薬の動物用医薬品としての全世界における商用化に関する導出契約を締結しており、契約一時金の受領の他、開発段階の進捗に応じたマイルストン及び販売後のロイヤルティを受け取る権利を得ております。

当社は今後もアラタナ社との連携をより強固にし、必要とされる支援を遅滞なく実施するよう務めると共に、今後のマイルストン収益およびロイヤルティ収益の獲得を目指して尽力して参ります。

以 上

【ご参考】

アラタナ社の発表内容の詳細は、アラタナ社のホームページをご覧ください。

http://aratana.investorroom.com/2017-04-25-Aratana-Therapeutics-Provides-Update-on-ENTYCE-R