お知らせ Information

2016.08.25 第16回世界疼痛学会におけるTRPM8遮断薬に関する研究発表のお知らせ

第16回世界疼痛学会におけるTRPM8遮断薬に関する研究発表のお知らせ

平成28年9月26日から9月30日にかけて横浜で開催される「第16回世界疼痛学会(16th World Congress on Pain®)」において、当社研究員がTRPM8遮断薬(RQ-00434739)に関する研究成果をポスター発表することとなりましたのでお知らせいたします。

【学会名】第16回世界疼痛学会(16th World Congress on Pain®
【場所】パシフィコ横浜(横浜市西区みなとみらい1-1-1)
【発表日時】平成28年9月27日 9:30-10:30
【ポスター番号】284
【発表タイトル】IN VITRO AND IN VIVO CHARACTERIZATION OF RQ-00434739, A NOVEL ORALLY ACTIVE AND SELECTIVE TRPM8 ANTAGONIST FOR THE TREATMENT OF OXALIPLATIN-INDUCED PERIPHERAL NEUROPATHIC PAIN 
(経口活性を有するオキサリプラチン誘発末梢神経障害治療薬としての選択的TRPM8遮断薬 RQ-00434739の

in vitro及びin vivoにおける有効性の検討)

以 上

<ご参考>
【第16回世界疼痛学会について】
世界疼痛学会は、疼痛分野における最大規模の学際組織である国際疼痛学会(The International Association for the Study of Pain®:IASP)が主催する、疼痛領域の世界的権威が集まる2年に1度の国際学会です。今年は平成28年9月26日~9月30日にパシフィコ横浜で「第16回世界疼痛学会(The 16th World Congress on Pain®)」がアジア圏で初めて開催されます。本学会では、世界中から5,000名以上の疼痛専門家が横浜に集まり、実験科学から臨床診断、管理、予防など疼痛のあらゆる分野の最新情報が発表されます。
詳細はIASP2016ホームページをご覧下さい。(http://www2.convention.co.jp/iasp2016/index.html

【TRPM8受容体について】
TRPM8受容体は、TRPファミリーと呼ばれる温度感受性イオンチャネルの一つで、25~28℃以下の冷たい刺激に反応する冷感センサーとして知られています。したがって、TRPM8受容体遮断薬は、冷アロディニアを治療する薬剤として期待されています。当社は平成28年8月10日に、TRPM8遮断薬(化合物コード: RQ-00434739)の前臨床開発段階への進階を発表しております。
詳細は当社ホームページをご覧下さい。(http://www.raqualia.co.jp/topics/4269.html