お知らせ Information

2016.04.26 アラタナ社とイーライリリー社の動物薬部門エランコ社との戦略的提携のお知らせ

アラタナ社とイーライリリー社の動物薬部門エランコ社との戦略的提携のお知らせ

平成28年4月25日(米国時間)、当社の導出先であるAratana Therapeutics Inc.(本社:米国カンザス州、以下「アラタナ社」)は、当社がアラタナ社へ導出したEP4拮抗薬(Galliprant®/grapiprant/RQ-00000007/AT-001/AAT-007、以下「Galliprant®」)について、Eli lilly and Company(以下「イーライリリー社」)の動物薬部門であるElanco Animal Health(以下「エランコ社」)と、全世界における戦略的提携を締結したことを発表しましたのでお知らせいたします。

今回の合意により、エランコ社はGalliprant®の全世界における独占的な開発・製造・販売及び米国におけるアラタナ社との共同販売の権利を取得します。

エランコ社の社長であるJeff Simmons氏は「今回の合意により、病気を患った動物とその飼い主に新たな変形性関節症の痛みの治療法を提示することが可能となり、またエランコ社の動物薬の強固なポートフォリオをさらに拡大することができます。」「エランコ社では、健康な動物は私たちの生活をより良くするために重要な役割を担っていると考えています。ペットは私たちの大切な家族であり、ペットをより長生きに、より健康に、より高い生活の質を保つように助けることは同様に重要なことです。」 とのコメントを発表しています。

イヌの関節炎で最も頻繁にみられる変形性関節症は、成人のイヌの20パーセントに認められています。変形性関節症は、関節軟骨-クッションとスムーズな動きを可能にする保護材-が薄くなり、時間をかけて分解することで、関節の痛みや炎症につながります。走ったり、ジャンプしたり、またはステップを登ることさえも不自由になります。

アラタナ社の社長兼CEOであるSteven St. Peter氏は、「アラタナ社は、最適なパートナーと協力関係を築くことができたことの価値を、多大なものと考えています。アニマルヘルスのリーディングカンパニーであるエランコ社との提携は、新興アニマルヘルスバイオテック会社であるアラタナ社にとって画期的な出来事であり、我々はペット治療薬の可能性をさらに追及していきます。」 と述べています。

今回の提携により、アラタナ社は契約一時金45百万ドルを受領します。さらに承認及び販売の達成に応じたマイルストーン合計83百万ドルに加え、販売後の共同販促費とロイヤリティを受け取る権利を得ます。

当社は平成22年12月に、アラタナ社とEP4拮抗薬の動物用医薬品としての全世界における商用化に関する導出契約を締結しており、開発段階の進捗に応じたマイルストーン及び販売後のロイヤリティを受け取る権利を得ております。

当社代表取締役社長である谷直樹は「今回のアラタナ社とエランコ社の戦略的提携を大変嬉しく思います。本提携はGalliprant®の価値最大化に大きく寄与するものであり、またGalliprant®の全世界での売上をより拡大するものと考えています。新しい動物用医薬品を世界中の病気のペットと飼い主の皆様に一日も早くお届けできることを期待しています。」とコメントしております。

当社は、アラタナ社との連携をより強固にすることにより、必要とされる支援を遅滞なく実施するよう務め、今後のマイルストーン収益およびロイヤリティ収益の早期獲得を目指して尽力して参ります。

アラタナ社の発表につきましては、アラタナ社のホームページをご覧下さい。

http://aratana.investorroom.com/2016-04-25-Aratana-Elanco-Announce-Global-Strategic-Collaboration

(外部サイトに移動します。 よろしければ上記リンク先よりご覧下さい)

以上