お知らせ Information

2015.09.28 米国アラタナ社がEP4拮抗薬とグレリン受容体作動薬の開発についての進捗を報告

米国アラタナ社がEP4拮抗薬とグレリン受容体作動薬の開発についての進捗を報告

 

この度、当社の導出先および投資先であるAratana Therapeutics Inc.(本社:米国カンザスシティ、以下「アラタナ社」)は、当社からアラタナ社へ導出したEP4拮抗薬(grapiprant/RQ-00000007/AT-001)およびグレリン受容体作動薬(capromorelin/RQ-00000005/AT-002)の各プログラムの進捗を報告しました。

 

AT-001(grapiprant:イヌの変形性関節症に伴う痛み治療薬)

アラタナ社は、2015年9月8日に米国食品医薬品局動物用医薬品センター(CVM)より、AT-001の承認にかかわるすべての技術面の審査が終了したとの連絡を受けました。アラタナ社は承認内容に関する最終協議などをCVMと行った後、2016年第1四半期に承認申請手続きを行う予定です。承認獲得は2016年第2四半期、新製品発売は2016年秋を予定しています。

 

AT-002(capromorelin:イヌの食欲不振症治療薬)

アラタナ社は、CVMと合意の下に実施した大規模臨床試験の結果を含むAT-002の有効性に関するデータセットを、2015年8月26日にCVMに提出しました。有効性評価に関するCVMの判断は、2016年2月22日までに示される予定です。また、製造等に関する技術評価は2015年末頃に終了する予定です。アラタナ社は、承認申請手続きを2016年始めに、承認後の新製品発売を早ければ2016年中頃と考えています。

 

発表内容の詳細は、アラタナ社のホームページをご覧ください。

http://aratana.investorroom.com/2015-09-24-Aratana-Therapeutics-Provides-Product-Updates(英文)

 

また関連情報が、英国にある動物医薬品の専門サービス会社 TriveritasのHPに紹介されておりますので、こちらも併せてご覧ください。

https://www.agra-net.net/agra/animal-pharm/product-sectors/pharmaceuticals/aratana-pain-candidate-could-be-feline-blockbuster-491183.htm(英文)

 

以上