お知らせ Information

2015.05.29 名古屋大学大学院医学系研究科生物化学講座分子生物学との共同研究開始のお知らせ

 名古屋大学大学院医学系研究科生物化学講座分子生物学との共同研究開始のお知らせ

当社は、この度、名古屋大学大学院医学系研究科生物化学講座分子生物学(門松健治教授、以下「生物化学講座分子生物学」)と「難治性神経芽腫の治療薬の開発を目的とした特定の酵素の選択的阻害剤」に関する共同研究契約を締結いたしましたのでお知らせいたします。

 

当社は、平成26年4月に名古屋大学環境医学研究所に産学協同研究部門「薬効解析部門」(朴熙万特任准教授、以下「薬効解析部門」)を設置し、産学連携を推進し、名古屋大学とのシナジーを最大限に発揮できる体制を構築してまいりました。本共同研究はその一環として位置づけられ、生物化学講座分子生物学と、当社が名古屋大学内に保有する薬効解析部門との間で実施し、特定の酵素の選択的阻害剤の探索を行います。

 

神経芽細胞腫は小児に発症する固形がんであり、神経を作る細胞が悪性化して腫瘍となります。神経芽細胞腫は、小児がんの中でも最も発症頻度が高いものの一つでありますが、その発生機構についてはいまだ不明な点も多く、患者さんの治療には多くの課題が残っています。特に、高リスクの患者さんの長期生存率は約30%と言われています。

 

門松教授は、神経芽腫の中でも特に予後が不良である、MYCN遺伝子が増幅された難治性神経芽腫の発生機構について、精力的に研究されております。中でも、がん治療の新しいコンセプトとして注目されている「合成致死」を用いた遺伝子スクリーニングにより、分子標的治療薬開発のための、新規ターゲット分子の同定を試みておられます。

 

当社および薬効解析部門は、門松教授ならびに生物化学講座分子生物学の最先端の研究成果と、当社がこれまで培ってきた創薬研究のノウハウを融合し、産学連携の下で創薬研究を加速することにより、画期的な新薬の創出を目指してまいります。

以上