お知らせ Information

2012.08.28 EP4拮抗薬を用いた痛みに関する研究成果が国際的ジャーナルに掲載されます

EP4拮抗薬を用いた痛みに関する研究成果が国際的ジャーナルに掲載されます

この度、近畿大学薬学部 川畑篤史教授が当社のEP4拮抗薬を用いて行った疼痛に関する研究成果が、「British Journal of Pharmacology」において近日中に論文発表されることが決まりました。

Journal British Journal of Pharmacology
タイトル AKAP-dependent sensitization of Cav3.2 channels via the EP4 receptor/cyclic AMP pathway mediates prostaglandin E2-induced mechanical hyperalgesia
著者
(所属)
Fumiko Sekiguchi1, Yuka Aoki1, Maiko Nakagawa1, Daiki Kanaoka1, Yuta Nishimoto1, Maho Tsubota-Matsunami1, Rumi Yamanaka1, Shigeru Yoshida2, and Atsufumi Kawabata1.
1Division of Pharmacology & Pathophysiology, Kinki University School of Pharmacy, 2Department of Life Science, Kinki University School of Science & Engineerin)

以上