お知らせ Information

2011.06.16 「Digestive Disease Week 2011」(シカゴ)で5-HT4受容体部分作動薬について発表しました

「Digestive Disease Week 2011」(シカゴ)で5-HT4 受容体部分作動薬について発表しました

このたび2011年5月にアメリカ・シカゴで開催された「Digestive Disease Week 2011」にて、研究発表を行いました。

発表内容は以下の通りです。

【ポスター発表】:

Effects of the novel 5-HT4 receptor partial agonist RQ-00000010 on upper and lower gastrointestinal motility in fasted dogs

(新規5-HT4 受容体部分作動薬RQ-00000010の空腹期イヌにおける上部および下部消化管運動に対する効果)

【要 約】:

5-HT4 受容体作動薬が消化管運動機能改善作用を持つことは知られている.しかし,シサプリド,モサプリド,プルカロプリドといった5-HT4受容体作動薬が胃や腸において,いくぶんかの組織特異的な作用を示すことが報告されている.例えば,モサプリドはイヌ上部消化管運動を選択的に亢進し,プルカロプリドは健常人において選択的に結腸運動を刺激することが示唆されている.RQ-00000010(RQ-10)は5-HT4受容体部分作動薬であり,心血管系への副作用リスクが少ない.本研究では,トランスデューサーを逢着した覚醒下イヌを用い,空腹期における上部および下部消化管運動に対するRQ-10の効果を検討した.

RQ-10は用量依存的にイヌ胃運動を亢進し,このモデルにおける最低有効用量は1 μg/kgであった.この用量のRQ-10は,近位結腸の収縮力や収縮頻度も増加させた.一方,0.1 mg/kgのプルカロプリドはイヌ胃運動を増加させたが,この用量では近位結腸の収縮には無影響であった.高用量(0.3 mg/kg)のプルカロプリドは結腸運動を亢進する傾向を示したが,この用量では胃・十二指腸に過剰な収縮が発現した.

機能性消化管障害を有する患者では,上部および下部の消化管症状が重複している頻度が高く,例えばIBS患者では高い頻度でGERD症状も見られる.RQ-10は同一用量において胃および結腸運動を亢進し,消化管での組織特異的な作用は見られなかった.RQ-10が有するこのような特徴は,機能性便秘や便秘型IBS患者で,ディスペプシアや胸焼けといった上部消化管症状も併有する患者に対して,価値のある薬剤となることを示唆している.