お知らせ Information

2010.09.06 CJ第一製糖株式会社(韓国)とラクオリア創薬株式会社がアシッドポンプ拮抗薬のライセンス契約を締結

2010年9月6日

報道関係者各位

CJ第一製糖株式会社(韓国)とラクオリア創薬株式会社が
アシッドポンプ拮抗薬のライセンス契約を締結


CJ第一製糖株式会社(本社:韓国ソウル市 代表取締役 キム・ジンス)とラクオリア創薬株式会社(本社:愛知県知多郡武豊町 代表取締役社長 長久厚)は、ラクオリア創薬が創出したアシッドポンプ拮抗薬(RQ-00000004、RQ-00000774)について独占的ライセンス契約を締結しました。

本契約により、CJ第一製糖はRQ-00000004およびRQ-00000774の韓国および中国をテリトリーとする製造・販売権利を取得します。また、ラクオリア創薬に対して、契約時における契約一時金および開発段階に応じたマイルストーン、販売後のロイヤルティーを支払います。

両社は本年6月7日に消化器疾患領域で戦略提携を結ぶことに合意し、以後協議を進めて参りました。

【RQ-00000004, RQ-00000774について】
RQ-00000004およびRQ-00000774は、アシッドポンプ拮抗薬の新規化合物です。アシッドポンプ拮抗薬は、胃プロトンポンプ (H+/K+-ATPase) へのカリウムイオンの結合を競合的に阻害することにより、胃酸分泌を抑制します。既存のプロトンポンプ阻害薬とは異なるこの作用機序の特長により、アシッドポンプ拮抗薬は、胃酸分泌抑制の最大効果をより早く達成することができ、さらにその効果は体内濃度に応じて長く持続します。
アシッドポンプ拮抗薬は、胃食道逆流症(GERD)において、プロトンポンプ阻害薬では十分に症状が改善されないような場合にも、改善効果を示すことが期待されます。また、消化性潰瘍などの他の酸関連消化器疾患の幅広い治療薬となる可能性を持っています。現在RQ-00000004のフェーズI臨床試験が米国で実施中であり、RQ-00000774は前臨床ステージにあります。


以上