1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 名古屋大学環境医学研究所分子代謝医学分野との共同研究開始のお知らせ

お知らせ

名古屋大学環境医学研究所分子代謝医学分野との共同研究開始のお知らせ

 当社は、この度、名古屋大学環境医学研究所分子代謝医学分野(菅波孝祥教授、以下「分子代謝医学分野」)と、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)治療薬に関する共同研究契約を締結し、分子代謝医学分野 菅波孝祥教授・田中都助教との共同研究を開始しましたのでお知らせいたします。

 

当社は、平成26年4月に名古屋大学環境医学研究所に産学協同研究部門「薬効解析部門」(朴熙万特任准教授)を設置し、産学連携を推進することにより、名古屋大学とのシナジーを最大限に発揮できる体制を構築してまいりました。本共同研究は、分子代謝医学分野においてNASH発症に関連する分子として特定した標的に対する阻害薬の探索を行います。

 

NASHは、一定の割合で肝硬変や肝細胞癌に進行することが知られているものの、未だ標準的治療法は確立されておらず、新たな治療薬の開発が望まれている疾患です。

 

分子代謝医学分野では、基礎研究から臨床研究までを視野に入れて、NASHの病態解明および新しい治療法の開発を精力的に行っています。最近では、Crown-Like Structureと呼ばれる特徴的な組織像を起点とする間質線維化の分子メカニズムがNASHにおいても認められることを明らかにしました。

 

当社は、分子代謝医学分野の最先端の研究成果と、当社がこれまで培ってきた創薬研究のノウハウを融合し、画期的な新薬の創出を目指してまいります。

 

以上

 

ページの先頭へ戻る

企業情報
社長メッセージ
会社概要
ビジョン・経営理念・文化
品質方針
コーポレート・ガバナンス
ビジネスモデルの特徴
社名・マークの由来
アクセス
プレスリリース
研究開発
コラボレーション
研究におけるパートナーリング
リサーチツールとは
リサーチツールのライセンシングパターン
製品情報
アニデュラファンギン
ジプラシドン
ダルババンシン
カリウムイオン競合型アシッドブロッカー
5-HT4部分作動薬
5-HT2B拮抗薬
モチリン受容体作動薬
契約状況
株主・投資家情報
ビジョン・経営理念・文化
コーポレート・ガバナンス
株式基本情報
IR情報ライブラリ
IRカレンダー
アナリストレポート
免責事項
IR関連ニュース
電子公告
ラクオリア創薬が分かる! RaQualia FAQ
ラクオリア創薬の沿革は?
ラクオリア創薬は何をしている会社?
収入源は何?
配当については?
ラクオリア創薬の強みってどんなところ?
ラクオリア創薬の将来は?
社会貢献への取り組み
メッセージと基本方針
社会貢献活動
プレスリリース
お知らせ
採用情報
求める人物像
よくあるご質問
募集要項